Event is FINISHED

土曜日と君。【Guest Live】 saigenji / Hiro-a-key with 関口シンゴ

<Guest Live:saigenji & Hiro-a-key with 関口シンゴr>ゆっくり起きて、一週間溜まった洗濯物を片付け、のんびりご飯を食べる。 特に予定もないし、今日は何をしようか。 一人でゆっくり家で過ごすのも良いけれど、やっぱり君と会って音楽が聞きたいと思った土曜日。
Description
ゆっくり起きて、一週間溜まった洗濯物を片付け、のんびりご飯を食べる。 特に予定もないし、今日は何をしようか。 一人でゆっくり家で過ごすのも良いけれど、やっぱり君と会って音楽が聞きたいと思った土曜日。


土曜日と君。

2015.6.27(sat) @恵比寿Batica
open-close 16:00-22:00
前売りチケット¥2,300(エントランスにて1ドリンク代700円は当日別途お支払い頂きます)

<Guest Live:01>

saigenji

1975年広島生まれ。沖縄~香港~沖縄~東京育ち。
9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。南米の民族音楽フォルクロ-レやブラジル音楽を中心にSOULやJAZZなどありとあらゆる音楽を飲み込み、肉体的に吐き出すギタリスト&ボイスパフォーマー、インプロヴァイザ-、ソングライタ-。その圧倒的なエネルギ-に満ち溢れたパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感は観た者全てを虜にする。独自の観点から生み出される作詞作曲も多方面で高い評価を受けている。
これまでにMISIA、MONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅、LOSALIOS、中孝介、MOOMIN、多和田えみ等にゲストボーカルやギタリスト、プロデューサーとして、また「IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT WE LIKE IT) -A TRIBUTE TO ROLLING STONES-」「Felicidade -A Tribute to Joao Gilberto-」「BOSSA DISNEY CARIOCA」「Apple of his eye りんごの子守唄(青盤)」等、数々のトリビュートアルバムにも本人名義による独自の楽曲解釈で多数参加している。
また、「it's too late」「close to you」「GOLDEN LADY」の超絶カヴァーはFMで大量OAされて話題を呼んだ。
アルバム「Innocencia」からは2曲が映画「東京タワー」の挿入歌として使用され、「ダイワハウス」「金のごまだれ」「サッポロドラフトワン」などのCMでもSaigenjiの歌声&ギターがOAされている。


2000年〜2004年には年間150本以上のLIVEを行っており、2004年にはシンガポール、パリ、ソウルでもツアーを敢行し、エネルギッシュなパフォ-マンスで聴衆を熱狂させた。
2005年4月には、カエターノ・ヴェローゾのプロデュースワークやモレーノ+2で活躍中のブラジル新世代の気鋭アーティスト"カシン"プロデュースによるブラジル録音を敢行し、4枚目のアルバム「ACALANTO」を完成させた。
2006年7月に5枚目のアルバム「Music Eater」を発売。ここ数年ライブでステージを共にしている同年代のミュージシャンとのバンドサウンドを聴かせる、よりグルーヴィでストレートな内容に仕上がっている。
2007年11月に初のベストアルバム「Seleção」をリリース。
2008年6月には6枚目のアルバム「Medicine for your soul」をリリース。
2010年9月、2年3ヶ月ぶりの7作目「Another Window」をリリース。さらに進化したSaigenjiの音楽の新しいステージへの扉を開けた。
2012年11月。アルバムデビュー10周年を迎え、エンジニア渡辺省二郎氏によるアナログテープ一発録音の渾身昨「ONE VOICE,ONE GUITAR」をリリース。2015年春、2012年に書き下ろしたtvk開局40周年40時間SP『あすの地球とこどもたち~Pray For Happiness』テーマ曲「光芽吹くとき」を含む4曲入りシングルを配信のみで発売予定。

http://saigenji.com
http://www.facebook.com/Saigenji.guitar
https://twitter.com/saigenji_guitar



<Guest Live:02>

Hiro-a-key with 関口シンゴ


Hiro-a-key

9月21日生まれ。
幼少期をアメリカ(NY&LA)で過ごし、Big Band JazzからHip Hopと様々な音楽に影響を受ける。
帰国後は都内近郊を中心に精力的にライブを展開。
「Sesame Street」等によるレギュラーテレビ出演なども経て、2009年11月11日 VillageMusic/Persona Recordsよりミニアルバム『HIROGLYPHICS -Pre Limited Edition-』でデビュー。

Fat jon (Five deez), HanaH, 45 a.k.a. SWING-O等をfeatureした同作品はHMV渋谷 Weekly チャート(2009/11/25付)にてB’z、マイケル・ジャクソン、Bon Jovi、ノラ・ジョーンズ、LADY GAGA、ニルヴァーナとならび、TOP 10の10位を記録。
2010年1月13日、集大成となる1stフルアルバム『HIROGLYPHICS -CompleteEdition-』発売。

都内中心に話題を呼び始め、リードソング「叶」は有線インディーズリクエストランキングにて、2010/1/21付け3位、1/28付け3位、2/3付け2位を記録し、2010上半期 USEN インディーズ総合ランキングでは10位に (2010/7/1付)。
国内外のアーティストとライヴ、レコーディングにて共演。
origami PRODUCTIONSアーティストともアルバム、ライブなどでコラボレーションを重ね、Root Soulとは渋谷HMVファイナル、及びカザフスタンツアーにも同行。
また冨田ラボとはbird、坂本 真綾、秦 基博らとともにBlue Note Tokyoにてゲストボーカルとして参加。多くのアーティストのfeat.やコーラスでレコーディングやライブサポート活動も進行中。

2012年より立ち上げたDRAMATIC SOUL (竹本 健一、Fire Lily、ルンヒャン)は日本のR&B/SOULシーンを賑わす存在になりアルバム2枚リリース。主催イベント、客演ともに常に大盛況。

英語と日本語のリズムを重視し、Hip Hop/Jazz/Soulの曲に甘くSmooth、時に力強い声を乗せ独自の世界を表現中。

海外での活動も多く、アメリカ、カザフスタン、香港、韓国、ドイツ等で、ライヴ及びレコーディング経験あり。
自らもサンプラーを駆使するTRIO編成のライヴパフォーマンスも必見。
現在2nd Album制作中。
http://www.soundcloud/hiroakey
twitter ID hiroglyphics





関口シンゴ

ギタリスト/コンポーザー/プロデューサー。
14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲活動を開始。
風景・映像の浮かぶ音楽をコンセプトにしたソロプロジェクト vusik
こだまかおる(vocal)とのユニット EART、Shingo Suzuki、mabanua とのユニット Ovall (現在活動休止中)など様々なプロジェクトで活動中。
楽曲制作からレコーディング、ミックスまでを自らこなすマルチクリエイター。
2009年、Ovallのギタリストとしてアルバムリリース前に朝霧JAMに出演。
緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010年Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、Hanah、類家心平他世界中のアーティストが集結し出来上がった1stアルバムはヨーロッパでもリリースされ話題となる。
その後FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN、GREENROOM、SenSet Liveなど様々な大型フェスに出演し注目を集める。
2014年、自身のバンドがスウェーデンより招聘され実現したライブでは
老若男女問わず地元のコアな音楽ファンから拍手喝采を浴び大成功を納める。
2015年3月4日、「関口シンゴ」名義で初のソロアルバム『Brilliant』をビクターエンタテインメントよりリリース。
全国リリースツアー Brilliant Tour 2015 を敢行中。

http://shingosekiguchi.com


<Main Floor Live>
山口兄弟

<Main Floor DJ>
YA
neco DJ

<Lounge Floor DJ>
Kazuhiko Asami
監督
Niche
SHINO
ken

Event Timeline
Sat Jun 27, 2015
4:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売りチケット ¥2,300

On sale until Jun 26, 2015, 6:00:00 PM

Venue Address
東京都渋谷区恵比寿南3-1-25 Japan
Directions
http://www.batica.jp/access/
Organizer
Kazuhiko Asami
9 Followers
Attendees
1 / 30